換気扇をきれいにするテクニック|掃除で利用する洗剤選びは大切

清掃道具
掃除

どこでも使えて便利です

お掃除好きな方や主婦の方にはおなじみの「あっちこっちふきん」ですが、まだ使ったことがないという人はぜひ一度使ってみてください。髪の毛よりも細い繊維で作られていますので、グラスを拭いても糸くずが残りませんし、台所や洗面台のお掃除にも使えとても便利です。ホームセンターで手軽に購入できるところも魅力です。

清掃

家じゅう使える万能ふきん

あっちこっちふきんは洗った食器やグラスの拭き上げや、家の掃除などに使うことが出来るふきんです。吸水力が高くほとんどの水濡れが一拭きで綺麗になり、速乾性もあるので家じゅうどこでも使えるとして人気を集めています。

きれいにするテクニック

換気扇

気を付けたい事

換気扇掃除で気を付けいたい事はなんでしょうか。それは、換気扇の羽についた油汚れをしっかりと落とすことです。油汚れはなかなか取りにくく、頑固な汚れです。こまめに掃除していればすぐに落ちるかもしれません。ですが、換気扇を外して掃除するのは時間がかかるので、しょっちゅう掃除をする方は少ないのではないでしょうか。たまった汚れほど落ちない物はありません。また、換気扇のタイプにもよりますが、最近は羽が小さく、洗う箇所がとても多いので、汚れが隅に固まってしまい、羽を拭くだけではなかなか油汚れが取れません。掃除が行き届かずに諦めてしまうと、どんどん汚れが蓄積されてしまうので早いうちに撃退することが大切になります。

熱湯がポイント

プロのお掃除屋さんが実践していることがあります。それはなんでしょうか。プロフェッショナル=普通では売ってない洗剤・という図式を浮かべてしまいがちですが、実はそうでもないようです。油は熱に溶ける性質があります。そこで活躍するのが熱湯です。換気扇が入るバケツなどにごみ袋をかけてそこに熱湯を入れ、普通の洗剤を混ぜます。換気扇やその部品などをしばらくつけておくと、固まった油汚れがふやけて取りやすくなります。そこがプロの技なのでしょうね。換気扇の細かい部分はメラニン素材のスポンジを長く切ってこすると簡単に落ちます。これで、面倒で大変な作業がぐんと楽に手軽にできるようになります。台所の汚れは換気扇だけでなく、コンロまわりやレンジの中など色々あります。熱に弱い箇所は少ないので熱湯掃除が活躍するのではないでしょうか。

レディー

掃除好きにおすすめです

あっちこっちふきんは、超極細繊維でできたふきんで、テーブルやガラスを拭いた後も繊維が残りません。また洗剤をつけなくても汚れがキレイに落ちるので、冷蔵庫や電子レンジの掃除にもピッタリです。吸水性が抜群なので水まわりの拭きとりにも便利です。ホームセンターなどで手軽に買えますので、一度は試す価値ありです。